日焼けによる黒ずみを早く治す方法

日焼け 黒ずみ ツルツルの白脇にするには?

日焼けをすると時間が経過することで大抵は元の肌の色に戻りますが、黒ずんでしまい元に戻らないこともあります。

 

それでも時間が経てば戻るかな?とは表いてもやっぱり早く治したいですよね。

 

早く治すためにはまず肌のコンディションから整えるようにしましょう。

 

黒ずみができてしまうということは肌のターンオーバーが促されていないことがわかります。

 

また日焼けをすると乾燥もひどくなるので、できるだけ潤いを与えることと肌のターンオーバーを促すことが重要となります。

 

保湿パックなどを取り入れ体の水分不足を解消できるようこまめに水分補給をしましょう。

 

そして体の代謝を上げるだけでも肌はターンオーバーが促されるので、代謝に良い生活をすることを心がけると良いでしょう。

 

またそれでも治らない時はピーリングで黒ずみを除去します。

 

黒ずみができているということは古い角質がそこにとどまっている状態でもあります。

 

肌の代謝が落ちている時にはピーリングをプラスすればより早く黒ずみも治すことができるでしょう。

 

また肌を白くするための美白美容液を取り入れたり、いつもより多くビタミンCを体内に摂取することも、黒ずみを早く治す方法になります。

 

早めに対処することで治りやすくなるので、黒ずみを見つけたらすぐに対処しましょう。

 

日焼けで肌が黒ずむ理由

日焼けによる肌の黒ずみ、いつかは取れると思っていてもなかなか取れないという方も多いでしょう。

 

ではなぜ日焼けで肌が黒ずんでしまうのでしょうか。

 

日焼けをすると皮膚が肌を守るためにメラニン色素を多く作り出します。

 

大抵は肌の代謝によって古い角質となり新しい肌へと生まれ変わって色も落ちていくのですが、代謝が落ちていると元には戻らず色素沈着を起こしてしまう場合があります。

 

この色素沈着を起こしたものが黒ずみとなるのです。

 

またあまりにも紫外線を多く浴びてしまうとよりメラニン色素が増殖してしまうため、代謝に関係なく黒ずみとなってしまう場合もあるのです。

 

これは大量のメラニン色素が作られてしまうとターンオーバーを繰り返しても、なかなか落ちなくなり蓄積されてしまうためです。

 

日焼けをした後はできるだけ肌を落ち着かせるために冷やしてあげたりすることも大切です。

 

また日焼けを何度も繰り返すことで同じ場所にメラニン色素が生成され蓄積し黒ずみとなるので、一度日焼けした部分はあまり何度も焼かない方が良いでしょう。

 

日焼けによる肌の黒ずみは一度できてしまうとなかなか落ちにくいものでもあります。

 

できるだけ黒ずみができないように日焼け止めなどを利用して、黒ずみ対策を行うようにしましょう。

 

日焼けによる黒ずみの簡単・解消方法

夏が終わり冬が来たにもかかわらず、なぜか日焼けの跡が未だに残っている。

 

よく見ると黒ずみになっていた!ということもありますよね。

 

一度できてしまった黒ずみはとても頑固なものなので、解消するためにはしっかり対策が必要となります。

 

まず日焼けをした後というのは肌がとても乾燥している状態でもあります。

 

肌が乾燥していればなかなかターンオーバーを促してくれなかったり、肌の回復する力も衰えてしまいます。

 

まずどんなに時間が経っていても根気よく肌が潤うように保湿を行いましょう。

 

保湿をすることで徐々に肌の回復力も高まり新しい肌に生まれ変わることができ、黒ずみも徐々に薄くなっていくでしょう。

 

そして効果には個人差もありますが、頑固な黒ずみにはケミカルピーリングも黒ずみケアとして取り入れられている方法でもあります。

 

ピーリングは美容外科などで行われている方法ですが、市販でも軽めのピーリングジェルなどが販売されているので病院での施術に抵抗がある方は市販で試してみましょう。

 

ただ敏感肌の方には使用できないので注意が必要です。

 

他にもビタミンC誘導体が配合された美容液などを使用すると良いでしょう。

 

美白用のパックなどを使用すればより効果も期待することができます。

シートマスク

黒ずみは気がついたらすぐに対処できれば時間はかかってもより早く解消できる場合があります。

 

見つけたらすぐにでも保湿を始め、他の方法も取り入れながら解消していきましょう。

 

予防する方法

黒ずみはできてしまうととても厄介なものでもあります。

 

できれば作りたくないものですので、日頃から予防するようにしましょう。

 

まず一番の予防方法は日焼け止めを使用することです。

 

日焼け止めを塗るだけでも大きく違いがあるので、必ず紫外線の多い日には日焼け止めを使用するようにしましょう。

 

また日頃から服装などにも注意し、長袖を選ぶなど肌の露出を抑えた服装や紫外線を吸収してくれる黒色などを選びましょう。

 

他にも日傘を利用するなど、できるだけ日焼けしないようにすることが大切です。

黒ずみ 日傘

そして日焼けしてしまったらすぐに冷やし保湿しましょう。

 

日差しが強かったり紫外線が多い日には日焼け止めを塗っていても、日焼けしてしまう場合があります。

 

少しでも焼けたように感じたり、できるだけ外出した日や屋外にいた時間が多い日には、帰宅したらすぐに肌を冷やし保湿剤を塗り黒ずみができないようにしましょう。

 

保湿剤等でケアをした後は体をゆっくり休ませます。

 

紫外線を浴びた体はとても疲れている状態になります。

 

肌の回復力を上げるためにも、しっかり食事をして睡眠を十分に取るように体の中からのケアも予防対策となります。

 

日焼け止めだけでも黒ずみを予防することができるので、まずは日に焼けないように心がけ焼けてしまった後はすぐに対処し黒ずみができないようにしましょう。

 

脇やデリケートゾーンの黒ずみにおすすめ!アットベリー

コメント