流行りのスキニージーンズが黒ずみの原因かも?!

ツルツルの白脇にするには?

流行りのスキニージーンズを履いているとお洒落ですが、体に黒ずみができる原因になってしまうことがあります。
腰や膝が黒ずんできているように感じたら、スキニージーンズを頻繁に履かないように気を付けてみると良いかもしれません。

 

スキニージーンズのような体にフィットする衣服を着用していると、布と肌の間に摩擦が生じてしまいます。
摩擦が肌への刺激となり、メラニンが生成されて黒ずみやすくなるのです。

 

特に、ジーンズの生地は硬くてごわごわとしているため、摩擦による肌への刺激も大きくなってしまいます。
そのため、スキニージーンズを頻繁に履いていると、布と肌が擦れやすい腰や膝が黒ずんできてしまうのです。

スキニージーンズの上からベルトを着用している人は、腰の黒ずみがさらにできやすくなってしまいます。
お洒落を楽しむのも良いですが、酷い黒ずみが残って後悔することがないように、上手に黒ずみケアをしながらスキニージーンズを履きましょう。

黒ずみを作らないための対策のひとつとして、サイズが小さすぎるスキニージーンズは履かないようにしましょう。

自分に合ったサイズのスキニージーンズを購入して、布の擦れをできるだけ最小限に抑えましょう。

 

腰(骨盤)や膝の黒ずみケア

スキニージーンズを履いていると、骨盤や膝に黒ずみができてしまうことがあります。
ケアをせずに頻繁に履き続けると、簡単には消えない酷い黒ずみができてしまう可能性があるので、できるだけ黒ずみケアをしていきましょう。

 

黒ずみを抑えるためには、肌のターンオーバーを活性化させることが効果的です。
ターンオーバーとは、肌の新陳代謝のようなもので、古い肌細胞を新しい肌細胞に生まれ変わらせてくれるサイクルです。

ターンオーバーが活発に行われるようになれば、黒ずんでしまった肌細胞を新しい肌細胞に生まれ変わらせることができるので、黒ずみの悪化を防げます。
ターンオーバーが低下して、メラニン色素が沈着した古い肌細胞が蓄積されていくと、肌がどんどん厚く硬くなっていきます。

 

このような状態にならないように、ターンオーバーを活性化させていけるように努力していきましょう。

 

ターンオーバーを活性化させるためには、肌を保湿して守っていく必要があります。
肌が乾燥しているとターンオーバーが低下してしまうので、汗をかいた後や入浴後には全身の保湿ケアを行いましょう。

 

保湿力が高いボディークリームを使用しても良いですし、普段スキンケアに使用している化粧水や乳液で代用しても良いでしょう。

上手なジーンズの選び方

腰や膝に黒ずみを作らないために、ジーンズ選びから見直してみましょう。
自分の体に合っていないジーンズを頻繁に履いていると、布と肌の間に摩擦が生じて、肌に刺激を与えてしまいます。

 

刺激を受けた肌はメラニンを生成するので、黒ずみができてしまうのです。

 

まず、サイズが小さすぎるジーンズは選ばないようにしましょう。
サイズが小さいジーンズを履いていると、どうしても布と肌が擦れることが多くなってしまいます。

 

摩擦による肌への刺激が増えるので、黒ずみができやすくなるでしょう。
スキニージーンズは肌にぴったりと密着しているからこそ魅力的なのかもしれませんが、ウエストがきつすぎるものは避けるようにしたほうが良いかもしれません。


腰に黒ずみを作ってしまわないように、ウエストがゆったりとしているジーンズを選び、ベルトで調整して履くことをおすすめします。
また、ジーンズの生地にもこだわってみましょう。
硬くてごわごわとしている生地だと、肌に刺激を与えやすくなってしまいます。

 

できるだけ柔らかい生地でできているジーンズを選ぶことで、肌への刺激を最小限に抑えられますし、体にフィットして履きやすいです。
新品のジーンズが硬くて履きにくいなら、古着屋で柔らかくなっているジーンズを探してみるのも良いかもしれません。

コメント