脇の黒ずみの原因はデオドラント!?解決方法とは?

脇黒ずみ デオドラント ツルツルの白脇にするには?

一度でも脇の黒ずみが出来てしまうと、肌のターンオーバーで少しずつ少しずつメラニンが剥がれ落ちていくのを待つしかありません。

 

これは、もの凄く時間がかかることになります。

 

このことから、余計な肌ストレスなどで脇に黒ずみを作らないように気をつけなくてはいけません。

 

そのためにも、肌に合わない、あるいは効き目のないデオドラントの使用を控えた方が良いのです。

 

脇に黒ずみを作りたくない…。

 

しかし「臭いを抑えられるデオドラントのほうが良い」というときは、クリームタイプのデオドラントを使ってみましょう。

 

制汗剤やロールオンと違い、頻繁に塗り直す必要がありません。n

 

そのため、肌に優しいですし、汗をかいても流れにくいので臭いをガッチリ抑えてくれるのです。

 

黒ずみが出来やすいデオドラント剤

肌に合わないデオドラントは、反対に脇の黒ずみや臭いの悪化を招きます。

 

肌に合わないデオドラントが、脇の黒ずみや臭いの悪化を招くのは以下の2つとなります。

 

・制汗スプレーを頻繁に使うことで起こる炎症
・肌ストレスによるメラニンの蓄積

 

 

制汗スプレーを使うことで起こる炎症

 

効果をすぐに得たいために、制汗スプレーをたっぷり何度も脇にプシューとしている人も多いと思います。

 

良い香りもしますし、ひんやりして気持ちが良く、ワキガに悩んでいる人だけでなく、女性なら誰でもやってしまいます。

 

しかし、場合によっては、これが脇の黒ずみを作る原因になることもあるのです。

 

制汗スプレーは肌表面の温度を奪ってしまいます。

 

そのことで、ひんやりした使い心地を生み出しているのです。

 

ここで重要なのは、制汗スプレーの頻度と使用量です。

 

制汗スプレーを頻繁に使うと、肌表面の温度を何度も奪ってしまいます。

 

これを繰り返すことで、同じ刺激では満足できなくなり一回の制汗スプレーの使用量が増えていくのです。

 

頻繁に繰り返し使うことで、制汗スプレーが肌に強い刺激を与えるようになります。

 

強い刺激を受けた肌は、肌を守る為にメラニンを生成してしまうのです。

 

この流れで、いつのまにか脇に黒ずみが出来てしまいます。

 

制汗スプレーはワキガにまったく効果がありません。

 

ですから、むやみに使うのは避けた方がいいでしょう。

 

黒ずみケア方法とデオドラント選び

絶対に作りたくないのが脇の黒ずみですが予防方法はあるのでしょうか。

 

脇の黒ずみを作らない方法は、必要以上に刺激を与えないことが大切です。

 

一度黒ずみができてしまうと、それを治すのに長い時間が必要となります。

 

ですので、余計な刺激を与えないことがとても大切なのです。

 

そのために以下のことに気をつけましょう。

 

・制汗スプーは使わない
・肌に合わないデオドラントは使わない
・天然由来の肌に優しいデオドラントを使う
・保湿ができるクリームタイプ
・脇の下をゴシゴシ擦って洗わない

 

臭いを抑える為にもデオドラントは必要ですが、選び方が大切になります。

 

そして、脇の下をゴシゴシ洗うのも肌に余計な刺激を与えてしまうので、これは絶対に控えたいところです。

 

 

保湿力のあるクリームタイプ

 

デオドラントは肌に優しくて保湿力のあるクリームタイプが理想です。

 

クリームタイプなら脇をシッカリ保湿してくれます。

 

乾燥など外部刺激から肌を守ることができる理想的なケア方法なのです。

 

クリームなら、制汗スプレーやロールオンのように頻繁に塗り直す必要もありません。

 

肌への負担も少なくて済みます。

 

それでいて、天然由来成分ですから、肌に優しくて消臭効果が抜群のデオドラントなら言うことなしです。

 

一番大切なのは、自分に合ったデオドラントですが、肌に優しくて保湿力のあるクリームタイプでしたら間違いありません。

 

脇の黒ずみ予防にもなり、緊張やストレスで脇汗をたくさんかいても臭いをシッカリ抑えてくれるのでおすすめです。

おすすめのデオドラントはこちら=脇のにおい.com

コメント