膝の黒ずみは老化の印?実は意外な原因が!

おすすめケア製品

黒ずみのない白くて綺麗なスベスベ膝の女性は、若く見えます。
膝を見れば年齢がわかる」と言われることもあるほど、膝の白さ・綺麗さは女性にとって非常に重要なことです。
しかしながら、膝の黒ずみができる原因は「老化」だけではありません。
普段の生活のなかで何気なく行っている動作や習慣が、膝の黒ずみをつくってしまっている可能性もあります。

例えば、「衣類の擦れ」です。
脚のラインにぴったり沿うタイプのスキニージーンズは、いまや多くの女性たちに好まれる当たり前のファッションアイテムになっていますが、履いているとズボンの布が常に膝にあたります。
歩いたり、座る・立つといった動作を行うことで布と肌とが擦れ合い、摩擦が生じます。
この摩擦が肌にとっては刺激となり、黒ずみの原因となることが多いです。
また、膝は皮脂腺や汗腺が少ない部分であるため、「乾燥」しがちです。
乾燥した肌は外部からの刺激に敏感になり、ダメージを受けやすくなります。
膝の乾燥を放置していると、黒ずみのほかにもゴワつきやザラつきを感じるようになるかもしれません。
角質が硬くなり、ゴワゴワした膝になってしまうと、黒ずみの解消も難しくなっていくので気を付けたいですね。

 

膝が黒いと老けて見られる?


膝は、年齢が現れやすいと言われているパーツの一つです。
生まれたときから膝が黒ずんでいるという人はまずいないため、年齢を重ねるにつれて黒ずみができてしまいます。
黒ずみの原因は人によってさまざまですが、「膝の黒ずみ=年齢」というように感じる人は多いでしょう。

年齢を重ねるにつれて膝が黒ずむ原因は、メラニン色素の沈着です。
衣服の擦れや紫外線のダメージ、肌の乾燥、怪我や虫刺されの痕、年齢によるホルモンバランスの乱れなど、メラニン色素が多く発生してしまう要因は日常生活の中に潜んでいます。
そのため、子どもの頃は気にしたこともなかった膝の黒ずみが、大人になるにつれて目立つようになってしまったというケースも多いでしょう。
特に日本人の場合、「正座」をする機会が多いです。


正座をするときの衣服との擦れや、床に長時間あてた状態でいることなどが、膝の黒ずみの原因となってしまうこともあるのです。

ショートパンツやスカートを履くとき、水着を着るとき、公共の温泉施設を利用するとき……、黒ずみのない綺麗な膝なら、自信をもって若々しい気持ちでいられるでしょう。
パーティーや食事会で膝が見えるドレスを着るときにも、やはり黒ずみのない綺麗な膝であれば自分に自信を持てそうですね。

 

膝の黒ずみをケア


膝の黒ずみを解消するためには、黒ずみを悪化させないよう肌を守りつつ、ターンオーバーを活性化するケアが効果的です。
膝に沈着してしまったメラニン色素は、肌の細胞を新しいものに入れ替える「ターンオーバー」が繰り返されることで除去され、少しずつ黒ずみが目立たなくなっていきます。
そのため、まずは肌のターンオーバーを活性化させられるようなケア方法を考えていきましょう。

肌のターンオーバーを活性化させるために有効なケアは、「保湿」です。
膝は全身の中でも乾燥しやすい部分なので、保湿ケアできちんとうるおいを保ってあげることで、ターンオーバーが活発に行われる健康な状態へ導いていけます。
また、保湿は肌を外部の刺激から守るためにも効果的なケアなので、現在以上に黒ずみを悪化させないことにもつながります。
毎日手軽に保湿ケアを続けていくために、「アットベリー」のような黒ずみケア専用ジェルを使用してみると良いかもしれません。
アットベリーには、肌を守る保湿成分のほかにも、肌の調子を整える成分やニオイ対策成分が配合されています。
膝の黒ずみケアのみでなく、肘・脇・おなか・お尻など全身のケアに使用できるやさしい薬用ジェルです。

コメント