脇の黒ずみを抑えて上手に脱毛する方法

ツルツルの白脇にするには?

脇の皮膚はとてもデリケートなので、少しの刺激で黒ずみができてしまうことがあります。
衣服の擦れによる摩擦で黒ずみができることがありますし、自己流の脱毛法でムダ毛を処理することで黒ずみができてしまうこともあります。

ムダ毛を放置しておきたくないと考える女性がほとんどだと思いますが、自分で脱毛するときには脇の皮膚を刺激しすぎないように気を付けましょう。

自分で脇のムダ毛を処理している人は、カミソリや毛抜きを使っていると思います。
自宅で手軽にムダ毛処理ができて便利ですが、カミソリや毛抜きでムダ毛の自己処理をすると肌に負担が掛かります。

デリケートな脇にとっては強い刺激となり、肌を守るためにメラニンが生成されてしまう可能性が高いです。
メラニンが肌に沈着することで、脇が黒ずんでしまうのです。

脇に黒ずみを作らないためには、肌に負担を掛けてしまうムダ毛の自己処理を控え、エステや脱毛サロンで肌に優しい脱毛をしてもらうと良いでしょう。
エステや脱毛サロンに通うことが難しい場合には、ムダ毛の自己処理をするときにできるだけ肌に負担を掛けないように心掛け、ムダ毛を処理した後のケアを丁寧に行いましょう。

黒ずみを作らない脱毛法

脇に黒ずみを作らないように脱毛するには、肌に掛かる負担をできるだけ小さくすることが大切です。
カミソリや毛抜きでムダ毛の自己処理をすると、どうしても大きな負担が掛かってしまいます。

お金と時間に余裕があるなら、エステや脱毛サロンで肌に優しい脱毛をしてもらいましょう。
どうしても自分でムダ毛の処理をしたい場合は、カミソリや毛抜きを使った後に念入りな保湿ケアを行うようにします。

ムダ毛の処理をして肌に負担を掛けたまま放置していると、肌を守ろうとしてメラニンが生成されてしまいます。
メラニンの生成を抑えるために、保湿ケアで肌を守り、黒ずみができないようにしていきましょう。
肌が乾燥していると黒ずみができやすくなってしまうので、保湿力が高いボディークリームや乳液を使うと良いでしょう。

また、カミソリや毛抜きを使用するときにも、ボディークリームやボディーソープを脇に塗って、肌への負担を軽減しましょう。
クリームなどを塗らずにムダ毛の処理をしてしまうと、肌に大きな負担が掛かってしまいます。
カミソリを使用しているときには怪我をする原因にもなるので、刃の滑りが良い状態でムダ毛を処理していくように気を付けてみましょう。

脱毛後のケア

脇に黒ずみを作らないためには、脱毛後のケアを念入りに行う必要があります。
カミソリや毛抜きを使ってムダ毛を処理した後の肌は、大きな負担が掛かって敏感になっています。

外部からの刺激に弱くなっているので、少しの刺激でさらに負担が掛かったり、衣服の擦れによる摩擦でダメージを受けてしまいます。
人によっては、ムダ毛の処理をした後に肌が乾燥してしまうこともあるでしょう。

肌が敏感な状態で放置してしまっていると、外部からの刺激で黒ずみができてしまう可能性が高いです。
脱毛後には丁寧な保湿ケアを行うことで、敏感になっている肌を保護しましょう。

脇の肌を保湿するときには、保湿力が高いボディークリームや乳液がおすすめです。
べたつく汗をかきやすくて悩んでいる人は、さらっとした化粧水でも良いかもしれません。
とにかくムダ毛を処理した後の肌をそのままにせず、潤いをプラスすることで外部の刺激から守ることが大切です。

また、紫外線を浴びることでメラニンが生成されてしまい、黒ずみができてしまうことがあります。
ムダ毛を処理したばかりのときには、脇に直接紫外線が当たってしまわないように気を付けてみましょう。
メラニンの生成を抑えて、黒ずみができてしまうことを防げます。

コメント