肌の黒ずみはピーリングが一番効果的?間違った方法で悪化する可能性も!

おすすめケア製品

肌の黒ずみにはピーリングが効果的!」という噂を聞いたことはありますか?
ピーリングは、黒ずみ以外の肌荒れにも効果的であると言われることが多く、実際に市販のピーリング剤で試してみたことがある人も多いのではないでしょうか。
美肌ケアの方法の一つとして知られ、クリニックやエステサロンでも行われている施術です。

ピーリングとは?

ピーリングとは、肌表面の古い角質や汚れを取り除き、肌を清潔でつるつるの状態にするスキンケアの方法です。
ケミカルピーリング」、「クリスタルピーリング」、「レーザーピーリング」などの種類があり、それぞれ専用の薬剤やレーザー機器などを使用して肌を綺麗にします。
肌表面の古い角質や汚れを取り除くことで、肌のトーンが明るくなるだけでなく、肌のターンオーバーを促す効果もあると言われています。

ピーリングは、必要なときに正しい方法で行えば、肌を綺麗にできます。
しかし、間違った方法でピーリングによるケアを続けていると、肌表面の角質や汚れを「削り取る・剥がし落とす」という行為が肌に逆効果を与えてしまうことがあります。
例えば、ピーリングを行う「頻度」です。
肌表面に蓄積された古い角質を剥がすほどの強力なケアなので、毎日行っていると肌への刺激となってしまいます。
肌を健康に保つための皮脂まで洗い落としてしまったり、肌にダメージを与えることになりかねません。
また、汚れの蓄積ではなく「色素沈着」が原因で黒ずみができている場合、ピーリングを繰り返しても解消できないことがあります。
ケアが足りないから黒ずみが消えないのだと思い込み、必要以上のピーリングを行って黒ずみを悪化させてしまう恐れがあるのです。

間違った方法でピーリングを続けていると、肌に悪影響を及ぼしてしまう可能性があります。
そもそもピーリングとは、肌の表面に蓄積された汚れを“剥がす”ことで、綺麗な肌を取り戻していくスキンケアです。
古い角質や汚れを剥がすほどの強力なケアなので、頻繁に行っていると肌に負担が掛かってしまうことは予想できます。
肌に汚れが溜まっていないときに繰り返しピーリングを行ってもあまり意味がないこともあり、毎日ピーリングを行うことは避けましょう。
肌を守るために必要な皮脂まで落としてしまったり、過剰なケアで肌に大きなダメージを与えてしまいかねません。

間違ったピーリングが与える肌への悪影響

また、ピーリングで解消される肌荒れかどうか、ということもきちんと見極めましょう。
例えば、肌の表面に蓄積された汚れのせいで顔全体が黒ずんで見えているなら、ピーリングの効果で肌トーンを明るくできるかもしれません。
しかし、メラニン色素の沈着などで黒ずみができている場合は、ピーリングを繰り返してもすぐに解消されるとは言い切れません。
定期的なピーリングで肌のターンオーバーを促しつつ、生活習慣の改善や丁寧な保湿ケアも並行して行うことで、色素沈着による黒ずみ解消が目指せるでしょう。

コメント