肌の保湿は浴室が最適?水けを拭いてからじゃ遅いって本当?

ツルツルの白脇にするには?

肌の保湿は浴室が最適?水けを拭いてからじゃ遅いって本当?

今では季節に関係なく肌の乾燥に悩まされているという方も多いのではないでしょうか。

エアコンなどの空調設備が整ったことで、全身の肌が乾燥状態になりやすくなっているのです。

そこで保湿ケアを取り入れるのですが、それでもまだまだ乾燥が緩和されないという場合、保湿方法が間違っているかもしれません。

保湿をする場合、お風呂上がりに行う方が多いのですが、お風呂から出て水気を拭いたり、髪の毛を乾かしたりした後では遅いのです。

できれば全て体を洗い終わった後か、湯船から出た後すぐが好ましくなります。

実は湯船から上がった後、浴室を出てから5分から10分以内に保湿をするのが好ましいと言われています。

それでもお風呂に入ったことで、肌の感想を防ごうとしていた皮脂などが洗い流された為、どんどん肌の水分が逃げてしまいます。

できれば浴室内で、体を拭く前に保湿するのが望ましいでしょう。

ですが、それだと水と保湿成分が混じって良くないのでは?と思いますよね。

保湿成分と水分は馴染むと乳化して徐々に肌になじむようになります。

そのほうがしっかりと保湿ができるので、できるだけ浴室で水分がついた状態でも良いので保湿ケアをしましょう。

真冬でも乾燥知らずの肌にするためにも、この方法でしっかりと保湿をしてくださいね。

体が濡れた状態でできる保湿ケア

体が濡れた状態だと保湿ケアってできないのでは?と思われますが、保湿ケア用品と水分が乳化すれば、徐々に肌になじむのでしっかりと保湿をすることができます。

ただし、体が濡れた状態でも使用できる保湿ケア用品を使用することが望ましくなります。

クリームやオイルだと水分と混じり合えば乳化するので、浴室内の保湿ケアにはピッタリですね。

ジェルなどでもなじみが良くなる場合は特に問題なく使用することができます。

またどうしても体についた水分が気になってしまう方は、水分を手で少し払うような感じにしても良いですね。

しっかりと拭いてしまうと、いつもと変わらない保湿ケアになってしまうので注意しましょう。

さらにそのあとは、タオルで押さえるようにして水分を取ります。

決してこすったりしないように、お風呂上がりの肌はとても敏感で弱いので、必ず押さえるようにして拭き取ってください。

また、水分が体についた状態でクリームを使うと、伸びがとても良くなるので使いすぎる必要もありません。

肌にも優しく伸ばすことができるので、美肌作りには最適の方法ですね。

然りと保湿ケアをしているのに、効果があまり感じられない…そう思った方はぜひこの保湿ケア方法でしっかりと乾燥から肌を守るようにしましょう。

顔はどうする?

体の保湿ケアは浴室で行うのが最適だということですが、じゃあ顔はそのまま?と思いますよね。

顔の肌も体と変わりないので、同じように顔の保湿ケアもしっかりと浴室で行うようにしてください。

特にこうした方が良いということはないので、いつもの化粧水から乳液という流れで大丈夫です。

ただし、そのままダイレクトにオイルを使うのもオススメです。

オールインワンジェルなども特に問題なく使用できるでしょう。

体の保湿も大切ですが、同じように顔の保湿もとても重要です。

皮脂が多い、乾燥肌でカサついてしまう、そんな悩みを抱えている方は是非浴室での顔の肌ケアも取り入れてみてはいかがでしょうか。

特に浴室で全てができれば、あとは何もする必要がないのでとても楽ですよね。

お風呂から上がったら、疲れてしまっている時は正直何もしたくないという方もいるでしょう。

できるだけケアを取り入れたいけど、どうしても面倒だと思われている方には特にオススメの方法です。

習慣にしてしまうと、とっても楽にケアも進めることができますよね。

タオルで肌を擦ることからも回避できるので、一気に美肌に近づけることも難しくはなくなります。

夏や冬のエアコンで肌の状態が不安定な方は、ぜひ顔も体もしっかりと保湿ができるように浴室ケアを取り入れてみましょう。

コメント