肌のターンオーバーを正常に戻すことでニキビ跡や黒ずみは解消できる

おすすめケア製品

思春期以降にできる大人ニキビは、治った後にニキビ跡ができやすい特徴があります。
同じ場所に繰り返しニキビができることもあるため、ニキビ跡が増えてしまい、悩んでいる人も多いでしょう。

できるだけニキビ跡を残さないようにするための薬などは市販でも売られていますが、すでにできてしまったニキビ跡はどのようにすると消えるのでしょうか?

ニキビ跡を消すには、肌のターンオーバーを正常な状態に戻していくことが大切です。
肌のターンオーバーとは、一定の周期で肌細胞が新しいものに生まれかわる仕組みのことです。

肌の状態や年齢によってターンオーバーの周期は異なり、肌に悪い生活を続けているとターンオーバーが乱れがちになります。 ターンオーバーの周期を正常に戻すことができれば、色素が沈着してしまった肌細胞が新しいものに生まれ変わるので、ニキビ跡を消していけるでしょう。

ニキビ跡が中々消えない人は、ターンオーバーが乱れている可能性が高いです。

ターンオーバーが乱れる原因は、乾燥・紫外線・間違ったスキンケア・生活習慣の乱れなどです。
自分の生活を見直して、ターンオーバーを正常に戻すための努力をしていきましょう。 肌のターンオーバーが正常になると、黒ずんだ脇、肘、膝もきれいになります。 その方法について詳しくは

健康的な肌とは?

正常な肌とは、ハリと潤いがあって、外部の刺激から肌を守るためのバリアがしっかりと機能している状態を言います。
肌が乾燥しがちになっていると、肌のバリア機能が低下するので、ニキビや肌荒れを起こしやすくなります。

ターンオーバーが乱れる原因にもなるので、肌細胞が生まれ変わる周期が遅くなり、ニキビ以外に黒ずみやくすみも気になってくるでしょう。
大人ニキビできているのを見つけたら、肌をできるだけ正常な状態に戻せるように心掛けて、ニキビ跡を残さないようにしましょう。

肌を正常な状態に戻すためには、血流を良くすることが効果的です。
体をできるだけ温めるようにしたり、顔周りのリンパマッサージを行うことで、顔全体の血流を良くしていきましょう。
毎日軽い運動をするのも良いかもしれません。 肌の新陳代謝が高まるので、ターンオーバーが活性化され、肌の調子が整っていきます。 また、過度なダイエットで栄養不足になることを避けましょう。 ビタミンやミネラル・鉄分・食物繊維などの成分は、肌を正常に保つために必要です。

特に敏感肌の人は、これらの成分が不足すると、より肌荒れを起こしやすくなります。
栄養バランスの良い食事を心掛けて、肌荒れを防ぎましょう。

何もケアせずにいるとシミや黒ずみの可能性

大人ニキビができてしまったときに、特にケアをせず放置している人もいるでしょう。
確かに、間違ったケアをしてニキビを悪化させてしまうこともあるので、何もせずに様子を見るのもひとつの方法です。

しかし、肌全体があまり良くない状態なのにケアをしないでいると、ニキビの治りが遅くなってしまいます。
ニキビが炎症を起こしている期間が長くなればなるほど、濃いニキビ跡ができる可能性が高くなっていきます。

ニキビが炎症を起こしていると、赤く腫れることが多いです。
この状態を放置していると、炎症が皮膚の真皮層にまで及んでしまい、深くまでダメージを与えてしまうことがあります。 通常のニキビ跡は、肌表面がダメージを受けて色素が沈着した状態ですが、真皮層までダメージを受けてできたニキビ跡は凸凹としたクレーター状のものになってしまう恐れがあります。

クレーターができてしまうと、肌のターンオーバーを繰り返すだけでは消すことが難しくなってしまいます。
クレーターをつくらないためにも、ニキビの炎症が酷いようであれば早めに対処しましょう。
生活習慣を見直し、栄養バランスが整った食事を心掛けたり、睡眠不足にならないように気を付けると良いでしょう。

コメント