産後はなぜニキビが増える?原因とケア方法

産後の黒ずみ

出産後に大量のニキビに悩まされる女性が多いようです。

これは、妊娠中に体内に多く分泌されていたホルモンが急に変化することと、慣れない育児の疲れやストレス、睡眠不足が原因です。

生まれたばかりの赤ちゃんは、3時間ごとの授乳とおむつ替え、なかには夜はほとんど寝ない子もいるので、睡眠不足と疲労は誰でも感じるはずです。

また、産後はマタニティーブルーと言って産後鬱に悩まされることもあります。

ホルモンバランと心と体の変化など女性にとって精神的な負担になることが多いようです。

大人ニキビはなかなか改善しないので、正しいケアを心掛けなくてはならないのですが、自分のケアに時間を使うことができないなど、簡単にはいかないようです。

できれば、産後しばらくは誰かの力を借りて、肉体的にも精神的にも落ち着くのを待ちたいところですが、核家族化が進み夫婦だけで赤ちゃんの世話をしなくてはならないケースが多いようです。

ニキビは自然に治ると思っている人がいますが、大人ニキビは時期が来たら治るほど甘くはありません!

原因となることを取り除き改善しなくては、どんどん悪化し最悪の場合は跡が一生残ることになってしまうのです。

しかし、大人ニキビのケア方法をしっかり実践すれば、忙しい産後ママのニキビもきれいに治り、悩みが一つ減るのではないでしょうか?

以前書いた記事もご参考にどうぞ!

即効治すケア方法

産後のニキビは長引かせないことが大切です!

大人ニキビは思春期ニキビと違い、肌のターンオーバーや新陳代謝が違うため、跡が残りやすいのです。

悪化したニキビがクレーターのようになることもあるので、できるだけ早くケアを始めましょう。

もし、炎症がひどく薬が必要な場合は、自己判断をせずに必ず医師か薬剤師さんの相談してから使うべきです。

薬のなかには授乳中は使えないものもあるからです。

また、夜まとめて寝ることができない場合は、赤ちゃんが寝ている時間は自分も寝るなど、お昼寝をすることで睡眠時間を補うなどの工夫が必要です。

食事のバランスもとても大切で、母乳を与えている人は特にカルシウムやたんぱく質、ビタミンを意識してください。

スキンケアは、肌が敏感になっている時期なので、大人ニキビ専用のケア用品がおすすめです。

肌の奥深くからうるおいをキープできるラ・ミューテは、産後の大人ニキビに悩む女性にも大人気です。

肌がきれいだと気持ちが前向きになりますよね。

育児で忙しいママこそ、自分が使うスキンケア用品には気を使い、きれいなママを目指しましょう!

コメント