妊娠中は肌トラブルに注意!薬が使えないからこそ選ぶべき化粧品

産後の黒ずみ

妊娠中に肌の調子が悪くなる人は意外と多いもの・・

今まで使ってきた化粧品が合わなくなり肌荒れが起きたり、悪阻の影響で好きだった匂いがダメになったり・・

妊娠中はホルモンバランスの影響で色々なことが起こるので、この機会に自分が使用するものを一から見直すのも良いかもしれませんね。

オーガニック化粧品に代える

例えば、今まで使ってきた有名メーカーの化粧品をオーガニックのものに代える・・

多くの化粧品は使う人が優雅な気持ちになれるように香料が含まれていて、それが悪阻を重くさせることがあり、妊娠中に肌に優しい化粧品にチェンジすることは、これから生まれてくる赤ちゃんのためにもとても良いことなのです!

なぜなら、赤ちゃんはお母さんに抱かれお母さんの香りに包まれます。

また、お母さんの顔に手を伸ばすことも多く、化粧品が赤ちゃんの手に付着するとそれを口に入れてしまうので、微量ですが赤ちゃんの口に入る可能性があると言うことも忘れてはいけないのです。

もちろん、気に入っている化粧品を使い続けることは決して悪いことではなく、自分の肌に一番合ってる物を無理に代える必要はないのですが、もし妊娠を機に合わなくなったのであれば出来るだけ低刺激で自然が化粧品を選ぶことが妊娠中の不安定な肌を守り、生まれてくる赤ちゃんのためにもなると言うことです。

コメント