妊娠中は今までなかったはずのシミが出現する

産後の黒ずみ

出産後に今までなかったはずのシミに気づいた人は多いはず。 産後は赤ちゃんの世話で忙しく、スキンケアや化粧をする暇がないく、気付いた時に何個もシミが出現していたなんて悲しいですよね。 これは、妊娠、出産のホルモン変化によってできたものなのです。

しみ

妊娠中は体質が変化し、今まで使ったきた化粧品が使えない、肌が敏感になりちょっとしたことですぐにかぶれたり、痒みが出るなんてこともありますよね。 お腹の中で子供を育てることは、想像以上に母体に負担がかかることなのです。 この妊娠中にできるシミは、普段できるものとは違い妊娠性肝斑の可能性があります。 肝斑とは、女性ホルモンの影響でできるシミとは少し形状が異なるもので、左右対称にぼんやりできるシミのことです。 妊娠中のホルモン変化によってできた肝斑は、妊娠性肝斑と呼ばれ一過性のものかもしれません。 一過性ということは、産後しばらくすると消えるので心配いらないと言われています。 しかし、この妊娠性肝斑と普通のシミを見分けることが難しく、一過性のものだと思い込んでいたのに、そうではなかったなんてことも多いようです。 いずれにしても、紫外線対策がとても大切で妊娠中は特に肌が敏感に反応するので、肌に優しい日焼け止めの使用とバランスのとれた食生活が大切です。

知らなかった!妊娠中あるある(生活編)

妊娠中に突然シミができることは、多くの人が経験する「妊娠中あるある」ではないでしょうか? それでは、他にもこのような妊娠中特有のあるあるはどのようなものがあるでしょう。

  • 臨月はお腹が空いたとき、消化している時、背中の方でぎゅるぎゅる音がする
  • 突然足がつる
  • やたら「このお腹は男の子だね」「表情が優しくなったから女の子だね」と性別占いをされる
  • 仰向けに寝ていたら誰かに乗っかられているような息苦しさで目が覚める
  • 恐ろしいほどの頻尿になる
  • 行動範囲、できることが減るため暇
  • 意外と席を譲ってもらえない
  • どう頑張っても背中が反ってしまう
  • どう頑張っても足が開いてしまう

妊娠中は体の変化だけではなく、周囲の人も変化するものです。 とは言っても、良いことばかりではなく不快なことも多いのが現実です。 私自身、妊婦は優しくしてもらえる、優遇されると思い込んでいましたが、実際はそんなことはありませんでした。 お年寄りは席を譲ってもらえても、妊娠中の人に声をかけてくれる人はほとんどおらず、逆に「大きなお腹で電車に乗るなんて・・・」と思われてそうでした。 日本は、お年寄りだけではなく妊婦にも優しい国になるべきです!

妊娠中は迷信が多い!実はウソも多い

年配の人は、昔から言い伝えられている「迷信」を今でも信じていますが、妊娠中もこの迷信には多いものです。 ・男の子を妊娠している時はお腹が尖がり、女の子の時は丸くなる これは、実際に妊娠経験がある人は分かると思いますが、ウソです! 性別の違いでお腹の形が変わるわけはなく、骨盤の大きさや体系によって前に突き出るか、それとも横に広がるかが違うそうです。 私もお腹が尖がっていたので「男の子だ」と散々言われましたが、実際生まれたのは女の子でした。 ・母親の顔つきがきつくなったら男の子、優しくなったら女の子 これも良く言われますよね! もちろんこれも科学的根拠はないウソです。 他にもこんな迷信があります。 ・海藻をたくさん食べると赤ちゃんの髪が多くなる ・甘いものを食べると母乳がまずくなる ・つわりがないとお産が重い ・妊娠中に家事を見るとあざのある子供が生まれる このように、昔からの言い伝え、迷信がたくさんあります。 ほとんどが科学的根拠のないものですが、なかには注意するために作られた迷信もあるようです。 必要以上に迷信に惑わされることなく「昔はそう言われてたんだね」程度に考えるようにしましょう。

コメント