二の腕に色むらができるのはなぜ?解消法はある?

おすすめケア製品

女性が抱える肌の悩みの一つに、二の腕の「色むら」が挙げられます。
肌が白い部分と黒ずんで見える部分が混ざり合うような状態で、全体的な色にむらがあるように見えてしまうのです。
暑い時期には半袖やノースリーブを着ることが多くなり、普段よりも二の腕の色むらが気になります。
パーティーやイベントでドレスを着る機会がある場合にも、やはり二の腕の色むらは気になってしまうでしょう。
二の腕の色むらを解消するために、まずは「原因」を考えてみましょう。
肌に色むらができたり、ブツブツとした凹凸ができてしまう原因は、日常生活の中に潜んでいることが多いです。
普段何気なく行っている習慣が肌にダメージを与えてしまっている可能性もあるため、必要に応じて生活習慣を見直さなければなりません。

二の腕に色むらができている場合は、肌表面にブツブツができていないかどうかという点もチェックしておきましょう。
二の腕の肌に多数現れているブツブツが原因で、二の腕全体に色むらができているように見えることがあります。
このような場合、二の腕のブツブツを解消するためのケアが必要になるでしょう。
綺麗な二の腕を取り戻して、自分に自信を持てると良いですね。

ブツブツが原因のことも


二の腕の色むらが気になるときは、肌にブツブツができていないかチェックしてみましょう。
もしも二の腕にブツブツができ、肌表面の凹凸が気になるようであれば、まずはブツブツを解消するためのケアを行わなければなりません。

二の腕のブツブツがニキビに似ている場合は、「毛孔性苔癬」の可能性があります。
毛孔性苔癬とは、二の腕や肩・太もも・背中などの毛穴に角質が詰まり、肌がブツブツ・ザラザラしてしまう症状です。
薄く赤みを帯びていたり、茶褐色であるため、遠目に見ると肌に色むらが生じているように見えることもあります。
また、カミソリ・毛抜きを使用したムダ毛処理や紫外線のダメージなどにより、メラニンが沈着して肌が黒ずむこともあります。
ダメージを受け続けた肌は乾燥しがちになり、ザラザラとした手触りになってしまうことも多いです。

こういった肌の状態を改善していくために、肌のターンオーバーを活性化させることが効果的であると言われています。
約28日周期のサイクルで新しい肌細胞に生まれ変わるため、正常なターンオーバーが繰り返されることで、古い角質や沈着したメラニンが剥がれ落ちます。
ターンオーバーを活性化させられるようなケアを行えば、二の腕のブツブツ・ザラザラが改善され、色むらや凹凸のない綺麗な肌を取り戻せるでしょう。

色むら凹凸のない二の腕ケア

二の腕にできる色むらや凹凸は、毛穴に詰まった古い角質や、肌に沈着してしまったメラニンが原因であることが多いです。
綺麗なスベスベの二の腕を取り戻したいなら、まずは原因から取り除かなければなりません。
毛穴に汚れが詰まった状態、肌にメラニンが沈着している状態を改善するために、肌の「ターンオーバー」を活性化させることが効果的です。
ターンオーバーが正常に行われていれば、肌細胞は一定の周期ごとに新しいものに生まれ変わり、綺麗で健康な肌を保てているはずです。
しかし、ストレス・紫外線ダメージ・ホルモンバランス・加齢などの影響でターンオーバーの過程に異常が生じていると、毛穴周辺に汚れが溜まりやすくなり、肌に沈着した色素も除去されないままになってしまいます。
ターンオーバーを活性化させられるようなケアを行えば、綺麗な二の腕を取り戻せるでしょう。

ターンオーバーを活性化させたいときは、「保湿」を重点的に行いましょう。
肌が乾燥し、外部からの刺激に敏感になっている状態では、ターンオーバーに乱れが生じてしまいます。
特に入浴後やムダ毛処理後は肌が乾燥しやすいため、きちんと保湿ケアを行うことが大切です。

コメント